在宅医療

在宅酸素療法・人工呼吸器

在宅医療とは、患者様が病院に入院せず、自宅にて家族と生活しながら治療を進める医療のことをさします。
その中でも当社では、「在宅酸素療法」という、肺や心臓の病気が原因で、体内に酸素を取り入れられなくなり、自宅で酸素濃縮器などの酸素吸入が必要な患者様への酸素療法を主にご提供しております。
また呼吸障害の方々の治療方法として、人工呼吸器設置も行っております。

できるだけ、患者様に普通の日常生活を送っていただけるように、
ご家族や医師の先生と相談しながら、在宅酸素療法をご提供しております。
(在宅医療の場合、月に一度は病院に行き検査を受ける必要があります。)

【在宅酸素療法の効果】

〇肺高血圧症を改善し肺性心の増悪を予防する  〇睡眠時の低酸素血症の改善  〇延命効果  〇COPDに対する有効な治療法  〇患者のQOLの向上  〇患者のADLの改善  〇呼吸困難の軽減  〇喘息発作の軽減

【主な対象疾患】

肺気腫症、肺結核後遺症、肺癌、間質性肺炎、気管支拡張症、慢性気管支炎、塵肺、心疾患、気管支喘息、CPPD

AED

かけがえのない命を守るため、使いやすさを重視したAEDをご提供しております。
直感的な素早い操作を可能としたシンプルデザイン。
電源ONは電源スイッチをスライドし、カートリッジカバーを開くだけです。
起動後は音声案内と進捗を表すランプ、操作手順を示すイラストでどなたでも簡単に使用できるように設計されています。
宮城県でAEDの設置件数延べ24600台の実績があります。
AEDの取扱い説明会や講習会なども実施しております。

無呼吸症候群

眠っているとき、呼吸が止まっている・いびきがうるさいと言われる。
しっかり寝ているのに日中強い眠気・疲れを感じる。
夜中に何度もトイレへ行く。

ひょっとして睡眠時無呼吸症候群かも??

睡眠時無呼吸症候群(SAS)とは睡眠中に呼吸が止まる、または浅く・弱くなることで十分な睡眠を取ることができず日常生活に障害を引き起こす疾患です。
夜間に繰り返される無呼吸で、血液中の酸素が低下したり、無呼吸ごとに中途覚醒が発生し、身体に悪影響をおよぼすとともに睡眠を妨げ日中の眠気を増加させます。

睡眠時無呼吸症候群などの睡眠障害の診断・治療には健康診断が適用になっています。
このページで睡眠について関心を持たれ、ご自分の睡眠が少しでも気になる方は、是非当社にご相談ください。

非接触赤外線体温計900

測定誤差は【±0.2℃未満】0.7秒と素早く、正確に測定されます。
ドイツメーカーの高品質なセンサーを搭載、非接触型なので衛生的です。
コロナウィルス対策に、接触なしで安心して測定できます!こめかみでの計測なので、寝てても計測しやすいです。

管理医療機器 皮膚赤外線体温計:17888000
医療機器認証番号:第227AFBZX00107000号
介護、育児、診察、忙しい毎日の合間にピッ!とすぐに検温できます。

 

パルスオキシメーター

頭痛、イライラ、集中力が続かない、息が苦しい、胸が苦しいなどの症状はありませんか?
高血圧、糖尿病、血糖値スパイク(※)などの可能性があります。
どれも心筋梗塞、脳梗塞などの病気につながることもある重大な病気につながる症状です。
その予防として、パルスオキシメーターを日々の健康測定での検温と合わせてのご利用をお勧めしております。

※血糖値スパイクとは「食後高血糖」とも称され、食事後に血糖値が高い数値に急上昇する症状のことを言います。

 

その他

障碍者用機器 介護用車椅子 シャワーベンチ 身体検査器具 超音波検査器
各種取扱いございます。お気軽にお問い合わせください。

お気軽にお問い合わせください。022-341-9728

お問い合わせはこちら お気軽にお問い合わせください。