使用例2

 

<使用例>

新型コロナウイルスの予防対策として、お客様患者様、従業員、皆様の安心のために非接触型デジタル検温計をご提案致します。
検温計の前に立つだけで測定ができる、わかりやすい操作性。
温度表示がとても大きく、どこからでも見やすい視認性。
屋外や工場の中などの寒い場所でも測定可能。最低気温-5℃まで測れます。
素早い計測、高温者へは音でのお知らせなど、集団・複数での検温に最適です。
規定温度を超えた場合、ピーピーとブザーでお知らせ。
高さがスライドで自由に動きます。

使用例1

 

<設置例>

使用例2
オプションのタブレットを使用すれば、パーテーションの内側や遠くからでも遠隔監視が出来る。
感染予防や管理がしやすいため、人員削減にも最適です。(※1)
モバイル バッテリー(※2、3)をご利用頂けば、電源のない場所でも利用できます。
常設ではない、試験やイベント会場、長期の工事現場でのご利用など、様々な形でご使用頂けます。
(※1 タブレットはオプションです)
(※2 モバイルバッテリーは付属しません)
(※3 モバイルバッテリー用ケーブルはオプションです)

使用例3
様々な設置場所に合わせ、使いやすい高さ角度に調整できます!

会議室や応接室前など、多数の出入りがある場所に最適です!
測定が素早いので急な対応でも慌てません!

 

詳細情報は下記カタログをご覧ください

[デジタル検温計カタログ【表】]

[デジタル検温計カタログ【裏】]


 

自分のからだにコロナウイルスに対抗する力があるかどうか、簡単手軽に確認してみましょう!

コロナ対策として抗体検査キットで抗体検査をしてみませんか?

検査は、ご自分で簡単に行えて、約15分と短い時間で結果が出ます!
新型コロナウイルスの、感染予防となる抗体を持っているかどうかがすぐわかるので、ワクチン接種後の効果確認にもご利用いただけます。

【商品名】新型コロナウイルス抗体検査キット
【お値段】3,080円(税込)

新型コロナウイルスの感染のしくみ・感染から守るしくみ

左図のステッキのような部分がウイルスの感染部分を表し、特に黄色の部分を「RBD」と呼びます。また、ヒトの細胞についている赤い手のような部分が、ウイルスが結合しようとする部分(ACE2)です。

この二点がくっつくことを防ぐために、先にウイルスと結合できるもの=中和抗体で人の細胞を守るのです。

 

 

[対抗する力=中和抗体] 中和抗体とは?

新型コロナウイルスがヒトの細胞の特定の部位に結合し、感染することを阻害する抗体を、中和抗体と呼びます。
ワクチン接種の有無にかかわらず、中和抗体を持っている人はウイルスに対抗する力を持っている可能性(※1)があります。
また、ワクチンを接種した後においても中和抗体ができない(弱い)人もおります。
新型コロナウイルスの脅威から本当に安心する為に、中和抗体の検査をお勧めしています。
(※1 抗体の量による為、検出されたとしても感染するリスクがあります。)

つまり、新型コロナウイルスに対抗する力=「中和抗体」を得ることで安心することが出来るのです。

※中和抗体があっても、量や体調により、感染する可能性はあります。