デジタルサイネージが情報の未来を創る
当社ではデジタルサイネージの設置から運営まで、トータルでご提案させていただきます。

デジタルサイネージ事業部

デジタルサイネージ(Dijital Sighage)とは、いわゆる「電子看板」のことであり
表示と通信にデジタル技術を活用して平面ディスプレイやプロジェクターなどによって映像や文字を表示する情報や広告の媒体の総称です。
従来の広告と違い、季節やキャンペーンごとでの張替えなどの手間が省け、業務効率UPにもつながります。

デジタルサイネージは大きく三つのタイプに分けられます

スタンドアロン型(立て看板型)
プレーヤー内蔵のディスプレイを使用するため、インターネットなどのネットワークにつなげる必要がなく、機器単体での運用が可能です。

ネットワーク(クラウド)型

インターネットなどのネットワークに接続することで、ネットワークを通じて様々なコンテンツを配信することが出来ます。

インタラクティブ(タッチパネル)型
タッチパネル機能などを搭載し、見ている方からもコミュニケーションをとることで「双方向コミュニケーション」を実現します。

デジタルサイネージシステムとは

これからの新時代に必要とされるシステム商品です。
大きくシステムを区別すると

【公共のシステム】
防災情報、行政からのお知らせ、交通情報

 

【販促・流通等のシステム】
広告、娯楽施設・飲食店の案内、オフィスビル等での情報共有

の二つに区別することが出来ると当社は考えております。
どちらのシステムも私たちの生活に必要とされる商品です。

当社ではデジタルサイネージシステムを正確に、わかりやすくお届けいたします。
サイネージシステムでは「映像」で、公的情報・防災情報・地域住民情報・生活情報などを、放送事業者と同様に配信することができます。

<例>
〇災害情報、公共情報を【Lアラート(※1)】を活用し、デジタルサイネージに「音声・文字・動画」でリアルタイムに伝えていきます。
〇ホテル・展示会などでも「音声・文字・動画」を利用した【案内役】としても活用していただけます。

※1 L(Local)アラートとは、地方公共団体等が発出した避難指示や避難勧告といった災害関連情報をはじめとする公共情報を放送局等多様なメディアに対して一斉に送信することで、災害関連情報の迅速かつ効率的な住民への伝達を可能とする共通基盤のことです。

飲食店、店舗の売り上げを倍増したいのでデジタルサイネージでPRしたい
新商品を効果的に紹介したい
動画を取り入れてサイネージで魅力的な表現をしたい
人件費をかけずに長時間PRをしたい
上記のようなこと、その他ささいなことでもお聞かせください、どのようなご相談でもお受けいたします◇